こだわりをもって選んだ結婚指輪

結婚が決まった時、まず指輪をするか、しないかという話をしました・・・[女性 39歳]

結婚が決まった時、まず指輪をするか、しないかという話をしました。
私は結婚を形にして置きたかったので、ペアのものが欲しいというと、夫も了承してくれました。

まず、念頭にあったのは、何十年も使うということ。寝る時もお風呂の時も一緒なので、劣化しにくく飽きのこないデザインのものをというのが条件でした。
百貨店を周り、マリッジリングを見たりカタログをもらったりしつつ、最終的に華奢なプラチナの指輪にしました。

ヨーロッパではゴールドが主流のようですが、やはり日本では、プラチナが人気です。
ホワイトゴールドも長く使うとプロによる手入れが必要になりそうなので、多少値ははりますがプラチナで揃えました。

私のものは表に小さなダイヤを埋め込み、後は夫婦どちらの指輪も内側にカラーストーンが埋め込めるデザインです。
二つ揃えて26万ほどになりました。
やはり指輪が目にはいると、結婚したのだと気持ちが改めて意識できるのが良いです。
Copyright (C)2017こだわりをもって選んだ結婚指輪.All rights reserved.