こだわりをもって選んだ結婚指輪

結婚指輪は、一生に一度の女としての喜びが詰まった贈り物です・・・[女性 41歳]

結婚指輪は、一生に一度の女としての喜びが詰まった贈り物です。
私が拘った点は、水仕事の際の家事や、先々の育児でも邪魔にならない、シンプルなデザインのものに拘りました。

価格はあまり高価なものだと、それを傷つけたくないためにいちいち外すことになり、外す回数が多いと紛失する可能性も高くなると懸念し、手頃なものでもしも紛失しても気落ちしない程度の値段と決めて、購入してもらいました。

デザインは、日頃の自分のファッションがジーンズなどのラフな格好なので、それに合うようにユニセックスな印象の平打ちリングです。
ただそれだけでは特徴がなく寂しいので、表面に細かいカットが施され、光の反射で煌めくようになっているデザインのものを選びました。
結婚してから一度も邪魔だと感じたことがなく、つけているという感覚すら忘れて家事や育児をこなしています。結婚指輪は、敢えて場所やシーンを選ばないシンプルで質素なものに拘ったので、婚約指輪やそれ以外の指輪にデザイン性の高いものをチョイスしています。
Copyright (C)2017こだわりをもって選んだ結婚指輪.All rights reserved.